[ オンラインカジノあれこれ ]

オンラインカジノへの各種入金方法

資金管理に便利なサービス・iWalletとは

iWallet(アイウォレット)は、主にオンラインカジノで使える資金管理に大変便利なサービスです。
オンラインカジノを始めとしたオンラインゲームやショッピングなど、オンライン上の決済をすべて一つの口座で管理することができる画期的なサービスです。
銀行口座から送金をすることが可能で、対応をしているオンラインカジノの数もどんどん増え続けています。

2013年に設立された新しい会社ということもありますが、同じ電子決済サービスであるエコペイズと同様によく使われていますので、オンラインカジノで遊ぶことを検討している場合、アカウントをぜひ作成しておくことをおすすめします。

ネッテラーの代わりとして浸透しているアイウォレット

以前までは、オンラインカジノの電子決済サービスといえば、「ネッテラー」というサービスが使用されてきました。
しかし、2016年9月からギャンブル目的とした決済サービスに利用することができなくなってしまったため、その代わりとしてアイウォレットが使われるようになってきています。
そして今ではオンラインカジノのユーザーに広く普及していて、使いやすいと評判のサービスです。

口座の開設が高セキュリティでとても簡単

オンラインカジノの電子決済サービスであるアイウォレットは、口座の開設が高セキュリティでとても簡単というメリットがあります。
身分証明書などを提出する必要がなく、いくつかの基本情報、そしてメールアドレスを登録するだけで、口座を開設することができます。

しかしながら、スタンダード会員の場合利用金額に上限があるので、利用上限を変更したければエグゼクティブ会員になる必要があります。
その場合、本人確認書類の提出が必要ですが、それ以外の場合は必要がないので安心して利用することができます。

日本語対応なので、安心

オンラインバンキングの一つであるアイウォレットは、日本語対応となっています。
日本語対応なので英語が苦手な方も問題なく使えますし、もしも何かトラブルが発生しても、早急に解決することができます。

サポートが日本語なので、分からないことも質問をすることができたりと、安心感があります。

アイウォレットへの入金はどうする?

アイウォレットへの入金は、クレジットカードもしくは銀行振り込みが可能となっています。
入金方法を選択するだけでネットの画面で申請ができるので、とても簡単です。

出金についても、銀行振り込みができて、指定の口座に振り込みが可能です。

オンラインカジノの決済方法、ecoPayz(エコペイズ)とは?

オンラインカジノの決済方法であるecoPayz(エコペイズ)は、大変便利な決済システムです。
入出金が一本化することができて、資金の管理が容易になります。

オンラインカジノは海外業者が運営をしているので、プレイヤーは円からドルへとお金を換金する必要があります。
しかし、エコペイズを使用すれば自動的に換金されますので、両替をする必要がありません。
出金の際もドルから円へと自動的に換金されるので、安心できるシステムです。

すでに多くのオンラインカジノで採用されているのがエコペイズですので、これから遊ぶのであれば、アカウントを作成しておけば便利です。

日本語対応なので安心

エコペイズは、以前までは日本語対応がされておらず不安な面もありました。
しかし、現在では日本語対応が完了しており、スマホやパソコンでの表示は勿論、サポートまですべて日本語で対応してもらえます。
アカウントの作成の場合も入力こそローマ字は必要ですが、画面表示はすべて日本語になっていますので、分かりやすいです。

サポートも日本語対応を行っていますので、何かトラブルが発生した場合も、すぐに相談することができます。

エコペイズの登録方法について

エコペイズの登録に登録する際は、公式サイトから無料アカウント作成を行いますが、入力フォームに従ってローマ字入力をする必要があります。
この際には、入力ミスがないようにしましょう。
後々の出金の際に本人確認情報と違いがあれば、出金ができない恐れがありますので、注意が必要です。

個人情報を入力し使用通貨を決めれば、登録が完了となります。
使用通貨は、手数料を軽減するためにも、USDにしておくことがおすすめです。

これは、オンラインカジノ側がUSDですので、口座と通貨を合わせたほうが手数料を安く済ませることができるからです。

エコペイズの入金と出金

エコペイズの入金と出金に関して、入金は以前までクレジットカードで入金が可能でしたが現在では利用ができなくなったので、銀行から振り込みをすることができます。
ローカル銀行入金を選び、銀行口座を指定して、入金ができます。

出金の際も、同じように口座に出金ができます。
この際に、銀行によってはマイナンバーが必要になりますので注意をしましょう。

引き出しの上限や回数などが決まっていてこれは変更されることもありますので、常に最新情報を確認しておきましょう。

invitaciones15

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。